TOP> 製品情報> 耐火物> 鋳鉄・鋳鋼関連製品> 鋳鉄用ルツボ型誘導炉材

鋳鉄・鋳鋼関連製品

誘導炉の安定操業を実現。
操業条件に適応した材料をご提供します。

鋳鉄用ルツボ型誘導炉材
〈鋳鉄用ドライラミング材〉

キュポラ用不定形耐火物
電融シリカ材(EDR-F シリーズ/ NFS シリーズ)

継ぎ足し補修イメージ図

継ぎ足し補修イメージ図

EDR-F シリーズ、NFS シリーズは、電融シリカを使用した耐溶損性・耐亀裂性を向上させた誘導炉用シリカ材です。各種特長を持ち、用途や状況に合わせて選定が可能です。

EDR-F31K・EDR-F35K

多くの実績を持つ電融シリカ材標準タイプです。

NFS-250

粒度配合を新たに新シリーズとして開発した電融シリカ材です。

NFS-250-R

継ぎ足し補修専用材で細かい部位に良く充填するように設計された電融シリカ材です。

NFS-N350

バインダーにホウ酸を使用せず廃棄可能な環境にやさしく設計された電融シリカ材です。

電融シリカ材成分表

  EDR-F31K EDR-F35K NFS-250 NFS-250-R NFS-N350
材質(特長) 電融シリカ 電融シリカ 電融シリカ 電融シリカ
(継ぎ足し補修用)
電融シリカ
(ホウ酸レス)
化学成分(%)
SiO2
99 99 99 99 99
天然シリカ材(MIRO-SIL 2001)
米国アライド ミネラル社 アメリカ国内シェア85%以上には理由があります。日本でお馴染みの欧州産シリカより純度が高く、ISO-09002 による品質管理で米国産シリカ材の優位性が評価を得ています。
弊社は10 年を越えアライド ミネラル社品を扱い、新世紀を機にMINRO-SIL 2001 を新たに発売しました。この品質はアメリカはもとより、カナダ、メキシコ、南米諸国、韓国などで実証済みで、日本の著名な需要家でも実炉テストを裏付けに採用をいただいております。
天然シリカ材(MIRO-SIL 2001)

特 性

品名 MINRO-SIL 2001
材質 天然シリカ
化学成分(%) SiO2 99.2
Al2O3 0.5
施工所要量(/㎥) 2,180
主用途 低周波炉 連続操業
※代表値であり保証値ではありません。
耐火物適応例

亀裂補修材

より強固な接着・細かな亀裂の補修にはご好評いただいているウエットモルタルスーパー3000SWの併用もお薦めです。

気硬性 高アルミナ質モルタル

最高使用温度(℃) 1650
化学成分
(%)
Al2O3 51
SiO2 40
最大粒径(mm) 0.5
施工所要量(kg)
(並型レンガ1000丁)
210〜250